乾燥肌 環境 改善

MENU

華蜜恋

↑乾燥肌、敏感肌、子どもの肌トラブルに薬用入浴剤「華密恋」↑

オーガニックカミツレエキス100%の無添加入浴剤です

生活環境の改善で肌は免疫力を取り戻せる!

乾燥肌や敏感肌、アトピーは体質的なものもあるので一概には言えませんが、潤い不足、食べ物、飲み物、ストレス、生活環境のいずれかの原因を探り当てることで改善していくことが多いようです。

 

潤い不足
保湿クリームに加え、入浴の温度を低くし、肌に優しい入浴剤を使う。
水道の水は塩素がたっぷり含まれていることをお忘れなく。

 

食べ物
乳酸菌、食物繊維を中心に日本の伝統食をメインで。ご飯も無理に玄米等でなく、お米の五分つきなどでもいいですし、普通の白ご飯でもいいですが、大豆、納豆やお味噌、ぬか漬けなどの乳酸菌、食物繊維が多く入った食べ物を中心にしていきましょう。

 

キャベツやキノコ類もよいようです。便通をよくして腸内の悪玉菌、毒素を排出してくれます。腸の毒素は肌や健康にも影響を与えます。肌に問題がある場合、肝臓に熱があるといいます。その対策としてほうれん草、豆乳、ニンジンジュースなどがよいようです。また、肝臓の部分に「こんにゃく湿布」をするとよいようです。
※今後チャレンジしてみます。

 

飲み物
甘いものを避けましょう。白砂糖は基本的にカラダによくありません。
が、普通の生活をしているうえでどうしても口にしてしまいます。ジュースやお菓子類ですね。ですので、できるだけ料理は白砂糖でないてんしょ、きび糖などを利用しましょう。
天然のオリゴ糖もオススメです。

 

ストレス
子供、大人の肌の問題で最も多いとされるのがストレスです。
環境の変化、仕事や学校の重圧、家庭の問題などでストレスがかかり乾燥肌や敏感肌、アトピーになることがあります。特に大人のアトピーはストレスも多いようです。
ストレスを感じずに生活をすることは難しいですが、自分なりのストレス解消を目指して色々と調べてみてください。

 

ストレスの改善は自分自身の内面の変革にあります。別ページでストレスに向き合うための書籍を御紹介しています。家庭内の問題やストレスで肌に問題がでる場合もありますので、チェックしてみてください。

 

生活環境
ダニ、ほこり(ハウスダスト)、花粉、食べ物などが影響して肌に影響を与える場合もあります。いわゆるアレルギー体質です。発症すると長引きますので、少しでもアレルギーの心配があったら、皮膚科や耳鼻咽喉科などでアレルギーテストをしてみてください。

 

生活環境の改善は住んでいる家のほこりや壁紙、畳やじゅうたんのダニ、布団の汚れやほこりなどなどあります。場合によっては引越しをすることも一案です。引越しをすることで鼻炎、喘息、肌の問題が解決することもあります。特にハウスダストの場合は、壁紙を張り付けている薬品、殺虫剤などの問題もあります。できるだけ安心できる住環境の中で子供さんを育てていきたいですね。

 

ただ、なかなか引越しや住まいの変化は難しいと思いますので、乾燥する時期は加湿器、花粉の時期やホコリ、ニオイが気になる方は空気清浄機、梅雨の時期の除湿器などをフル活用して心地よい環境を作ってあげてください。布団や畳、じゅうたんはこまめに掃除機をかけて、レイコップなどのダニ除去してくれる掃除機で仕上げるとよいです。

 

 

色々とやることは多いのですが、乾燥肌、敏感肌、アトピーの場合は一気に症状が進む場合がありますので、対策する場合も思い切って、一気にやってしまうことが大事です。
出費も多いとは思いますが、子供の肌や健康は一生ものの投資です。ひどくなってからの治療と改善にかかる時間と費用と心労の方が大きいです。できるだけ、早めに対応してあげましょう。