子供 乾燥肌

MENU

華蜜恋

↑乾燥肌、敏感肌、子どもの肌トラブルに薬用入浴剤「華密恋」↑

オーガニックカミツレエキス100%の無添加入浴剤です

子供 乾燥肌 おすすめ

子供の乾燥肌は空気が乾燥する秋〜冬にかけてだけでなく、夏にも日焼け後におこるブツブツカサカサ肌と同様の症状を引き起こします。

 

乾燥すると痒がって、皮膚がただれていき、ひどくなります。小さいうちの乾燥肌、敏感肌がアトピーを引き起こしているのでは・・という研究結果もあるようです。

 

子供の乾燥肌=敏感肌ということになりますが、我が家の子供も乾燥肌体質で、身体中の肌がカサカサ、ブツブツし、粉がふく感じになります。当サイトの管理人の子供も幼児の頃から小学校低学年の現在まで特に耳の裏、膝の裏、肘の裏の乾燥肌がひどく、ほうっておくと足全体、腕全体に乾燥肌のブツブツがひどくなってきました。

 

これは何か手を打たなければ・・・ということで、子供の乾燥肌対策をいろいろと試しています!

 

まず、一番最初に改善すべきはお風呂の水です。お風呂で乾燥がすすみ、掻いた部分がしみると悪循環です。
都市圏にすんでいれば水道水も塩素が多く踏まれていて子供さんの敏感肌や傷のついた肌には刺激が強いので、まずお風呂に対策を。

 

私もお風呂の入浴剤↓に変えました。

 

子ども用
>> 乾燥肌の子供に使った入浴剤について

 

子供の乾燥肌対策

肌にやさしい薬剤ができるだけ少ない入浴剤を利用する

入浴後の痒がるのが乾燥肌、アトピーの特徴です。入浴温度は緩めにしつつ、お風呂で肌を改善する入浴剤を紹介しています。
>> 乾燥肌の子供にオススメの入浴剤・華密恋

 

敏感肌がアトピーを引き起こしているのでは・・という研究結果についてはコチラを参照ください。
⇒詳しくはコチラを参照ください。

 

刺激の少ない石けんを利用する

市販の石鹸は鉱油系ですので、肌には負担が大きいです。肌にやさしい石けんやボディシャンプーを利用しましょう。

 

入浴後の塗る保湿クリームでケアする

乾燥肌、アトピーの子供には無添加系の保湿クリームがオススメです。常に潤いを外側から与えてあげましょう。

 

腸内環境の改善のための取り組み

食事は昔ながらの日本食を中心に!親も子も頑張り過ぎない程度の腸内環境改善!
発酵食品、乳酸菌を多く取りましょう。

 

ストレスも厳禁。睡眠と心地良い環境を

心身のストレスが肌にでてきます。肌の問題は毒素の排出です。腸内環境の改善とともに、心身のストレスの発散もこころがけましょう。

 

 


子供 乾燥肌 お風呂

子供の乾燥肌をひどくさせる一番の原因はお風呂です!

 

特に我が家の場合は熱いお風呂に入ったあとの乾燥とブツブツがひどく、冬場でも熱いお風呂には入れません。。

 

お風呂で保湿ができそうですが、実はその逆で肌が弱い子供、幼児、赤ちゃんはお風呂後の乾燥で一気に乾燥肌が進んでしまいます。子供の乾燥肌で悩んでいる方は、お風呂の温度を冬場ならだいたい40〜41度前後にすることをオススメします。また、入浴時に肌を優しくケアしてくれる入浴剤も合わせて使うのもありです。

 

 

>> 乾燥肌にオススメの入浴剤のご紹介

 

入浴後はできるだけ優しく水分を拭きとって、保湿クリームを気になる部分に塗ってあげましょう。(できるだけ無添加、無鉱油、無香料のものを)保湿クリームは基本的には顔と粘膜部分(陰部と肛門周辺ですね。)はNGです。顔の乾燥が気になる方はコチラがオススメです。

 

とにかく、お風呂後はとても乾燥します。入浴後のケアが子供の乾燥肌にとってとても重要ですので、お風呂後の保湿ケアをたっぷりとしてあげましょう!


子供 乾燥肌 ブツブツ

子供の乾燥肌をよくよく観察したところ・・アトピーっぽい、花粉症っぽい、喘息症状はでないという形のアレルギー体質っぽいのではと判断し、皮膚科でアレルギーテストをしたところ、アレルギーテストでは症状がでませんでした。

 

それはそれで良かったのですが、根本的な治療というか、改善策としては・・・毎日の生活で潤い、保湿を徹底するしかない!

 

と感じました。そもそも皮膚科から処方される塗り薬は対処方法であって、根本的に解決しないので・・・。皮膚科に通うよりも、まずは自宅でできることをしないと子供の肌はどんどんガサガサ、ブツブツがひどくなり、敏感肌、アトピー的な肌に進化していきそうでしたから。

 

小さいうちの乾燥肌、敏感肌がアトピーを引き起こしているのでは・・という研究結果もあるようです。
⇒詳しくはコチラ


子供の乾燥肌から湿疹になる場合

肌がつっぱり、カサカサしてひどくなると粉をふいていたり、キズになってしまったりする乾燥肌。乾燥しているだけではなく、そこにブツブツと湿疹ができてしまう場合があります。局所的にブツブツが集中するようにでき、激しい痒みを伴っている場合は、まず湿疹と考えてよいでしょう。

 

肌に湿疹が出る症状は、自分自身でも痒かったりと不快ですし、見た目も気になります。乾燥肌が原因で湿疹ができてしまった場合、まず、炎症を鎮めて痒みを改善していくことが重要です。

 

なぜ、肌が乾燥していると湿疹ができてしまうのでしょうか。乾燥によって肌のバリア機能が崩れ、肌が敏感になってしまったことが原因で、異常な痒みを感じるようになって湿疹はできてしまいます。

 

湿疹は、乾燥によって痒くなり、かきむしってしまい、発生するブツブツです。この痒みは、乾燥による肌機能の崩れから起き、さらにその部分が炎症やキズなどのトラブルを起こしていたら、その刺激で余計に痒みが増してしまうという悪循環に陥る場合も。
そのために、まず、湿疹部分の炎症をしずめ、痒みを抑えるていくことからケアを始めます。

 

湿疹は、症状の軽い場合は外部の刺激から守って炎症から痒みが発生するのを防ぐことが大切です。油分を含んだワセリンや天然オイルなどを塗って肌にフタをし、刺激が極力加わらないようにすると効果があるようです。しかし、このような油分由来のものが肌に合わないことも充分に考えられます。そのような場合は、ステロイド外用薬を使うといいと言われていますが、副作用など難しい薬品でもあるため、できれば医師に処方してもらった方が安心だと言われています。